位置調整機能

自動車に付いているシートやステアリングは微妙な調整ができるように無断階での位置調整機能が付いていることがあります。

 

段階的に調整するものもありますが、近年発売されている一般乗用車の多くは無断階での調整機能が一般的です。
この位置の調整機能は、主にドライビングポジションを決めるために取り付けられています。

 

自動車に乗る人の体格は様々ですので、それぞれの体格に合わせて細かく調整する必要があります。
この時に、段階的に調整するものよりも無断階に調整できる方が都合がよいのです。
段階的に調整するタイプは、体型によってはしっくりくる位置に調整することができますが、あくまで段階なので調度良いところに収まらない場合が起こってしまいます。

 

一方で無断階調整機能が付いているものは、確実に体型に合わせることができるのです。

 

まず調整の方法はシートから調整するようにしましょう。

 

頭の上に拳が一つ入る程度の高さにシートを調整します。
そしてペダルを完全に踏み込めるまで足が届き、ハンドルに手を置いた時に肘が軽く曲がる程度までシートを前にします。
この時シートのリクライニングは倒しすぎないように注意してください。
そして、ハンドルの調整ですが、目線をややしたに下げた時にハンドルの隙間からメーター類が見えるような高さに調整するようにしましょう。