メーター

車の運転席に座った時に、その正面に来るものが各種メーターとなります。通常はこのような計器類はハンドルの中のスペースを利用してその向こう側に配置されております。ハンドルの中心を通してドライバーはこれらの情報を見るような形になっているのですが、中には室内のちょうど真ん中に計器類が配置されているような車も一部あります。そうしますと視認性の問題につながっていきます。どちらが良い悪いというようなことはないのですが、普段慣れているような視線の持って行き方を変える必要も出てきますので、車の購入をお考えの方は一度その対象となる車種の運転席に実際に座ってみて確かめた方が良いでしょう。

 

木の実更にこの計器類は、現在では非常にオシャレな感じを醸し出すようにもなっております。通常は速度計や回転計等が針によって表示されています。これがいわゆるアナログ方式となっています。またそれらが光る、自発光式のものもあり、視認性に優れると共に、見た目も非常にきれいな計器類も多く登場してきております。

 

その他にも、最近流行のエコカーなんかはデジタル式になっています。今までこのようなタイプはなかっただけに、最先端の車のようなイメージでかっこいいものです。